普通自動車の廃車の手続きを自分でやる方法と手順※永久抹消登録と一時抹消登録

2018年1月24日

こちらは登録車(普通自動車)の廃車方法のまとめになります。

普通自動車・大型特殊自動車・総排気量250cc自動二輪に関する廃車方法です。

もしもあなたが廃車を自分でやろうと思った場合はけっこう大変です。

廃車には大きく分けると2種類あります。

①永久抹消登録

その名の通り永久に車の登録を抹消して車も解体することを意味します。完全に車が無くなってしまいます。これが一般的な廃車のイメージでしょう。

②一時抹消登録

こちらは登録のみを一時的に抹消する方法です。車は解体しなくても良くそのまま自宅等に置いておくことが可能です。これは何のためにするのか?と言えば税金を止めるためです。

この後に(車を解体して)解体届出を出すことで完全に廃車にできます=永久抹消登録。逆にまた使う場合は解体しないで登録し直せば良いです(※中古車新規登録)。ただデメリットとしては個人で再登録をする場合は車検に出すのがやや大変です。一時抹消登録すると車を動かせませんからね…。

①永久抹消登録 手順

1.自動車をリサイクル事業者に引渡し、適正に解体処分する

まず解体業者にあなたの車を持ち込んで解体してもらいます。いきなり車が無くなるので注意が必要です。

2.運輸局で永久抹消登録の手続きをする

手続き先は正しくは運輸支局(国土交通省HP)か検査登録事務所になります。今お住いの地域の管轄の運輸支局を調べて下さい。※軽自動車は軽自動車検査協会です。

☆必要な書類 運輸支局等へ提出

・永久抹消登録申請書(ダウンロード可能)

・手数料納付書(※0円、運輸支局

・印鑑証明書(本人、発行後3ヶ月以内、市役所

・自動車検査証

・ナンバープレート

以上の書類等を最寄りの運輸支局に提出して書類に問題が無ければ無事、廃車となります。尚、手数料は0円です。ですがなぜか手数料納付書が必要と明記されています。

また自動車重量税が1ヶ月以上残っている場合は”自動車重量税還付申請”を同時に運輸支局で行います。自動車税は申請なしで自治体から通知が来ます。それに従いましょう。

こちらの詳細は国土交通省の自動車検査・登録ガイドにも明記されていますので御覧ください。ただちょっと見辛いのでこちらでまとめてみました。

問題としては必要書類は事前に用意したら良いが廃車にした後に運輸支局にどうやって行くのか?ということかもしれません。書類を提出する段階で車は解体していないといけないので足がありません。交通手段が多い地域ですと何の問題もないのですが…。

②一時抹消登録 手順

一時抹消登録は永久抹消登録と違って車を解体する必要はありません。そのまま自動車は車庫等に保管しておくだけです。ですから書類を提出するだけで良いです。

手続き先は運輸支局(国土交通省HP)か検査登録事務所になります。。今お住いの地域の管轄の運輸支局を調べて下さい。※軽自動車は軽自動車検査協会です。

☆必要な書類 運輸支局等へ提出

・一時抹消登録申請書(ダウンロード可能)

・手数料納付書(※350円、運輸支局

・印鑑証明書(本人、発行後3ヶ月以内、市役所

・自動車検査証

・ナンバープレート

以上が一時抹消登録をするケースの必要書類です。この手続きでは自動車重量税は還付されません。自動車税は申請なしで自治体から通知が来て還付が受けられます。自賠責保険はあなたが手続きをして解約した後に残りの期間の保険料が返金されます。

一時抹消登録後の解体届出

さて一時抹消登録した後に完全に廃車にすることはもちろん可能です。「取り敢えず登録を一時的に停止していたがやっぱり運転しないし、もう廃車にしちゃおう」と思う方もいらっしゃるに違いありません。

その場合の手順は以下の通り。

1.自動車をリサイクル事業者に引渡し、適正に解体処分する

解体業者に一時抹消登録中の車を解体してもらいます。この際には運転ができませんので引き取りに来てもらう他ありません。

2.運輸局で一時抹消登録後の解体届出の手続きをする

車を解体後に運輸支局に「解体届出」を提出します。※軽自動車は軽自動車検査協会です。

☆必要な書類 運輸支局等へ提出

・解体届出申請書(運輸支局

・手数料納付書(※0円、運輸支局

・登録識別情報等通知書

・住民票(個人の場合)

備考:所有者の変更があった場合に限り「所有権を証する書面」

この段階ではすでに税金が止まっている(還付手続きも終えている)筈ですので税金類の手続きはありません。

廃車の手順まとめ おわりに

廃車の手続きって難しそう!?と思っていたのですがまとめみると「そんなに難しいことはない」と感じました。誰でも理解できる内容だと思います。

しかし完全に廃車にしたい場合はまず最初に車を解体しないといけないのでハードルが高いです。解体業者ってどこにあるのか?費用は掛かるの?いろいろ疑問が出てきます。

(解体のためのレッカー移動1万円+解体費用1万円が相場です)

結局お金が掛かるのか~という話になりますし、またそこから車が無くなってから運輸支局に書類を提出しに行かないといけません。これなら廃車専門の業者さんにお願いする方がずっと楽でしょう。お金が掛かりませんしね。

…というか実はあなたの車は売れる可能性が高いです。廃車はゼロ円で引き取ってもらえますが売る場合はお金になります。ですから取り敢えず車買取査定に出すことが1番最初にすることだと言えます。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト