軽自動車を廃車にすると税金は戻ってくるのか?

こちらでは軽自動車を廃車にしたケースについての説明をしていきます。

まず軽自動車を廃車にした場合に還付される税金は軽自動車重量税のみです。軽自動車税は戻りません。

廃車にした場合の税金の還付

・軽自動車税…10,800円(7,200円)は戻らない ×

・軽自動車重量税…6,600円(5,000円)は戻る ○

以上のようになります。ちょっとややこし話ですがまず戻ってくる軽自動車税は2年で6,600円払っています。そしてカッコ内の5,000円というのはエコカー指定されている車種の税額になります。

また戻ってくる金額については2年で6,600円払っているとすると1年(12ヶ月)残っていれば半分の3,300円が戻ってくるという計算になります。月割計算で戻ってきます。軽自動車税は車検を通した時に払っていますので毎回の車検代の中に含まれている筈です。

ちなみに自分で毎年払いに行っているのは軽自動車税の方です。ただこちらは残念ながら月割で戻ってくるということはありません。払ってまだ一ヶ月しか乗っていないが廃車にしたとしても還付はないのです。そういうルールになっています。

軽自動車重量税の還付は手続きが必要です

面倒だな~と思うかもしれませんが重量税の還付は還付申請が必要です。

これは廃車手続きをする時と同時に申し込むことが可能で廃車手続きが完了すると後日口座に還付される仕組みとなっています。

ただこれは自分で廃車手続きする場合の話です。普通は自分で廃車手続きする人はいないでしょう。

それと言うのも廃車手続きの手順としては、

1.軽自動車を解体する

2.「解体返納」手続きを最寄りの軽自動車検査協会でする

ということで至ってシンプルな内容ですが手続きには必要なものが多くあります。

それは解体返納の説明を御覧ください。

どうでしょうか?けっこう大変そうですよね。

そうなんです、一般的な人は自分で廃車にしようなんて思いません。忙しいですし、最初に自分で自動車を解体(スクラップ)するのに業者へ頼む場合費用が掛かることがほとんどです。ですから費用と時間、手間が掛かる訳なんですね…。

それでは普通はどうしているのか?

廃車にしようという場合は普通は自動車を売却することを考えます。

軽自動車は結構高く売れたりしますのでわざわざお金を払って廃車にしなくても良いのではないかと思います…。

ネットで車買取に出してみると高く売れることが多いのでやってみて損はありません。多少ぶっ壊れていても売れるので大丈夫ですよ。

後は車買取に出しても買い取ってくれないということが稀にありますのでその時は諦めて廃車専門の業者に出しましょう。こちらは最悪でも0円以上補償してくれますので廃車費用を取られることはありません。

自分で解体する場合は解体作業で1万円+レッカー移動(が必要ならば)1万円で大体2万円くらいは取られるものです。こちらで紹介する廃車専門業者に任せるとレッカー移動費用もないですし、売れるのでお金がプラスになる可能性もあります。

ただ車買取で売れれば1番高くなるのでこちらがオススメでしょう。軽自動車の場合は重量税しか戻りませんし戻ってきても微々たるものですから買取のほうが得をします。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト