廃車をすると自賠責保険が戻ってくるのは本当なのか?

いきなり答えを書きますが、マイカーを廃車にすると自賠責保険が戻ってきます。

※廃車手続きによって自動車税・自動車重量税・自賠責保険が戻ります。

いくら戻ってくるのか?と言えば残っている契約期間によって違います。

一般的なケースでは車検を通す時に自賠責保険に加入しますのでその時から何ヶ月経過しているかで戻ってくる金額は違います。残りの期間を月割で計算するとおおよその金額は出てくるでしょう。

自賠責保険は年度によって違ってきます。たまに価格が改定されます。

2017年は2年間で25,830円(普通車)、25,070円(軽自動車)という自賠責保険の価格に改定された年でした。少しだけ価格が下げられたのです。

 【自賠責保険2年間の価格表】

普通車 軽自動車
平成25年度~28年度 27,840円 26,370円
平成29年度~ 25,830円 25,070円

※備考:平成29年度=2017年4月~2018年3月

自賠責保険の戻し金を受け取るには条件が有る

自賠責保険を解約して戻し金を受け取るには契約していた車を廃車にしたという証明書が必要です。

例えば以下のような証明書類が必要になります。どれか一つ必要だということです。

解除事由証明書
登録事項等証明書
自動車重量税還付申請書付表1
一時抹消登録証明書
登録識別情報等通知書
輸出抹消仮登録証明書
輸出予定届出証明書

これらは自分で廃車にする場合には陸運支局(普通車)や軽自動車検査協会(軽自動車)で発行できる書類になります。廃車専門の業者に頼む場合は向こうでやってくれます。計算して返金してくれますので特に自分ですることは無いでしょう。

重要なことは自分で廃車にする場合には自賠責保険は証明書類が必要になってくるということです。ない場合は解約できないということになります。

また解約する場合は保険会社のサポートデスクがあって電話で何が必要なのか聞くことができますから(例えば損保ジャパン)それぞれの損保会社に電話してみてはいかがでしょうか?

任意保険も解約可能だ

ついでと言ってはなんですが任意保険も入っている方がほとんどでしょうからこちらも言及しておきましょう。

任意保険も当然ですが途中で解約することが可能です。

ただし任意保険は自賠責保険と違って等級というややこしいものがありますよね?ですから今必要なくなったからと言って無闇に任意保険を解約するのは考えものです。

保険会社によって違いはあるものの中断証明書を提出すると途中解約をしても次にまた車に乗る場合は任意保険の等級を引き継ぐことが可能です。ただこの中断証明書は保険会社によって証明書類が違うようですからこちらは特に保険会社に連絡してから解約手続きに入った方が良いでしょう。

また肝心の戻ってくるお金については例えば1年先払いで保険金を支払っている場合にはそれぞれの保険会社が定める短期率というもので計算して解約返戻金を算出しますので単純に月割計算で戻ってくるということにはなりません。※月割の保険会社もあるようですが

いずれにせよ、こちらも保険会社で若干の数値の違いがあるようですから直接いくら戻ってくるかを聞いた方が良いでしょう。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト