廃車済みの自動車や原付バイクをまた乗ることができるのだろうか?

最近では廃車済みの自動車や原付バイクなどがネットのオークションなどに出品されています。

手軽に購入ができるのですがそれって再び公道で乗ることができるのか?

やや心配ですよね。まず廃車の仕組みを理解することが1番良いと言えます。

廃車なのに車両が解体されていないのは一時抹消登録です

まず「廃車している」「自賠責保険が切れている」のに自動車や原付バイクが現物として残っているのはおかしいと思いませんか?

廃車というのは正確に言うとスクラップ(解体)を意味します。つまり車両としての原型がない程にバラバラにされて存在しない状態になってからはじめて廃車手続きが可能なんですね。

それではなぜ廃車したのに車やバイクが残っているのか?

これは一時抹消登録という(厳密に言うと)廃車の一歩手前の手続きをしているからです。この一時抹消登録の意味とは「この手続きをすると税金がストップする」という意味があります。自動車や原付バイクをバラバラにしなくても税金を止めることが可能なのです。ナンバーを返却しますのでナンバーが無い状態で放置されている車ってありますよね。

再び乗りたい、趣味で車両を保管しておきたい、あるいは誰かに譲りたい(売りたい)という場合には一時抹消登録で形式的に廃車をすることが可能です。またそうしないと乗らないのに毎年税金が来てしまいます。

普通私達がイメージする廃車とは永久抹消登録のことでこちらは車を解体しないと手続きができないというものです。従ってオークションやフリマに形がある状態で出品されているのに「廃車にした」「自賠責保険が切れている」という自動車や原付バイクは一時抹消登録となります。

一時抹消登録の車両は再利用可能です

話は長くなりましたが当然一時抹消登録(車両が残っているのに廃車)した自動車や原付・バイクは再利用が可能です。ただし車検を通して自賠責保険に加入することが条件となります。※原付の場合は自賠責保険のみ

そういったことで「廃車にした」「自賠責保険が切れている」という車両を購入して再び利用することは可能です。ただ注意点としては自動車の場合は車検を通す必要がありますのでこれが大変でしょう。まずどうやって移動させるのか?「買ったら持っていって下さい、可能な方だけお願いします」みたいな車両だと普通の人が購入するのは難しいでしょう。あるいは買って自宅に車両を送ってもらったとしても今度は自分で車検を通すために車屋等に移動させないといけません。いろいろ考えものです。

次に原付の方は自賠責保険に加入したり市役所で新規登録する必要があります。廃車しているのでナンバーもないですからナンバーをもらわないといけません。費用の方は自治体でやや違いがあるようなので直接問い合わせてみましょう。

注意点としては自動車の場合には車検と自賠責保険は必須であり両方が無いと罪に問われます。原付の場合は4輪自動車のような車検制度がないので自賠責保険だけが強制加入となりますね。こちらも加入しないと罪に問われます。

廃車にするならまず売ろう!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車の前に「その車ってまだ乗れませんか?」それなら売れる可能性あります♪

廃車なら5千円の車が、
車買取査定なら5万円の査定額に!

わたしが使ったのはカーセンサー簡単ネット車査定です。


売れない車は廃車業者にお任せ!

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト