廃車にされたはずの自動車税の支払いがなぜ来るのか?※誰のせいか確かめる

以前に廃車にしたはずの自動車の税金が来てしまう場合があります。

毎年5月に通知が来る自動車税のことです(地域によっては6月のところもあります)。まずおさらいですが自動車税はその年の4月1日の所有者に税金の通知が来ます。

ですから税金があなたに来た場合にはその年の4月1日にはその車の登録があったことを証明しています。

ちょっと堅苦しい表現になりましたが(;´∀`)、普通車であれば運輸局で廃車手続きをして登録を抹消しないと税金が来てしまうという仕組みになっているのです。

【参考に】

3月ギリギリだったので書類が間に合わなかった?

廃車にしたはずなのに自動車税が来たということは3月中に(年度内に)廃車手続きが間に合わなかったのかもしれません。

自動車関係の業者さんは2月~3月は最も忙しい時期になりますので3月中に廃車手続きをするのを忘れていたかもしれませんよね…。忘れていて4月に廃車手続きをした場合は自動車税があなたのところに来てしまいます。

自動車税は必ず1年分の先払いになりますので全額来てしまいます。

例えばこのケースの場合は4月に廃車にしているので1ヶ月しか自動車を使用していないことになるんですね。ですから残りの11ヶ月分の税金は還付されます。

※ただし軽自動車はお金が戻りません。軽自動車税には還付がないのです。

あなたの自動車税が34,500円だっとしましょう。単純計算ですが11ヶ月分の31,625円は戻ってくる計算です。※実際は端数を落とすので31,600円戻ります。

そして自動車税の還付は手続きが要りません。廃車を頼んで廃車手続きが4月にされていたとしましょう。しばらくしてからあなたの自宅に還付通知書が届きます。その後にゆうちょ銀行から振替払出証書が届きますのでそれを持っていって換金するという流れです。

残りの戻ってこないお金はどうするべきか?

そうですよね!お金は戻ってくるかもしれないが全額ではないですし、そもそも約束が違いますよね。

結論から申しますと、廃車手続きを忘れていたのが濃厚ですので業者(販売店)が払うべきです。ただ何の連絡もない場合はこちらから向こうと交渉しないといけません。

問題としては自動車税は一回通知が来てしまうと全額払わないといけません。払った後に還付される金額が戻ってきます。つまり一ヶ月分だけ払います、とはいかないのです。

取り敢えずは廃車にしたところに連R買うしましょう。

ただ連絡してみたが「廃車にした、していない」という水掛け論になるのは最悪です。しかしあなたには自動車税が来たという動かぬ証拠がありますから(これは3月中に廃車にしていない証拠です)、3月中に廃車にしていなかったのは間違いないでしょう。

そういったことで自動車税は向こうが払う義務があると思います。法的には?と言われますと私は法律家ではありませんのでここは言及しませんが、常識としてはあなたに非はないと思います。また万が一、廃車にした業者が3月中に廃車をしたという証拠書類があるならば運輸支局や自治体のミスで自動車税が来てしまったということになりますね。そういう場合は運輸支局など自治体に連絡するべきです。

お役所仕事ですからそういうことも稀にあるかもしれません。私の例で言えば住民税を多く請求されましたからね…。スミマセンでした訂正しておきますの一言で片付けられました。しかし払ってからでは遅いので誰が間違っているのか?を確認しましょう。そこからでも遅くはないです。

またあなたが3月中に廃車業者に依頼したのではなく4月以降に廃車の依頼した場合には諦めて一旦自動車税を払うしかありません。その後一ヶ月分だけ引かれた還付金を受け取るという流れになります。お金を払って戻ってくるのは結構時間が掛かるので(夏くらいには戻ってくるかと…)注意が必要です。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト