自動車のローンが残っていると廃車にできないのか?所有者が誰なのか要確認

自動車のローンが残っている期間に廃車にしないといけないケースがあります。

まだ新しいが事故のため損傷が激しく廃車にしないといけないなどいろいろ理由があると思います。

そういう時に「廃車にしようと思ったが廃車にできない」場合があります。

所有者があなたでない場合は廃車にできません

自動車のローンを組んだ場合にその自動車の所有者があなたになっていない場合があります。

ディーラー系のローンを組んだ場合にはほぼそうなりますね。ディーラーがオーナーになっています。そういう場合は廃車にはできません。

問題はその自動車のオーナーは誰なのか?ということです。あなたではない場合には自動車を廃車にすることはできないのです。

ただ銀行など金融機関からお金を借りて自動車ディーラーで自動車を買った場合にはほぼあなたが所有者となっている筈です。そういう場合には所有者があなたなので売却したり、廃車にしたりすることは当然可能ですから確認しましょう。

POINT→確認の仕方は車検証を見ると分かります。車検証の「所有者」が誰なのかが問題です。「使用者」は必ずあなたになっているはずです。

ローンが終わっても所有者が変わらない場合も

ローンが終わると所有者が切り替わると普通思うのですがこれはディーラー等、車を買ったお店が手続きをしないと所有者が切り替わりません。

ですからローンを払い終わっても所有者がそのままお店になっていることはよくあります。ですからローンが終わり次第こちらから言った方が良いですね。

またローン無しでも所有者があなたになっていない時があります。そんなことはあり得ないだろと思われるかもしれませんが実際にあったことです。

ディーラーにある在庫車は販売前は所有者がディーラーになっていると思われます。その在庫車を買った場合に所有者を変更しないことが一部あるようです。いつもそこのディーラーで買っているお客さんの場合にはそのまま所有者がディーラーのままで引き渡すなんていうことを確認しています。これは現金一括で買ったケースです。とんでもない話に思えますが実際にあったことです。

そういったことでローン有る無しに関わらず所有者がどうなっているのかは確認した方が良いです。

廃車にした場合にはローンだけが残る

さて廃車にした後はどうなるのか?ですが当たり前の話ですがローンだけが残ります。

もう車は無いのに支払いだけが来るということになりますから二束三文でも良いので売却できるならした方が良いでしょう。廃車の場合は本当に二束三文ですので売却の方がマシです。

鉄の塊のようなクラッシュ状態ですと廃車にするしかありませんが形が残っていて自動車が動くということであれば売却することは可能でしょう。

またローンが支払いが厳しく、維持費も高いので手放したい場合には売却するべきです。こういう場合は高値で売れますのでよく売却先を検討した方がお得です。何十万も違ってくる場合もありますから注意が必要でしょう。

→車を売却するならまずは査定をしていくらで売れるか確認しましょう

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト