総排気量125cc超250cc以下の普通自動二輪車(軽二輪)の廃車方法とは?

総排気量125cc超250cc以下のバイクの廃車方法をこちらで説明していきます。

まずこの排気量のバイクの区分は実は軽自動車になります。軽自動車で連想するのは黄色ナンバーの小さい4輪の自動車なのですが二輪車にも軽自動車があります。それがこの総排気量125cc超250cc以下のバイクです。

このバイクのみ軽自動車の区分となるのでその上の250cc以上のバイクとは廃車申請の書類が違います。ですが廃車手続きは運輸支局か自動車検査登録事務所となり、軽自動車検査協会ではないというややこしい話になっています。※備考1

備考1125cc超250cc以下の普通自動二輪車は車検の必要のない検査対象外軽自動車となっています。検査対象外軽自動車は運輸局扱いで検査対象軽自動車(車検あり)は軽自動車検査協会という分け方となっています。

総排気量125cc超250cc以下の普通自動二輪車(軽二輪)の廃車方法

手続き先の場所は運輸支局か自動車検査登録事務所

今お住いの地域の管轄のところへ行って下さい。

必要書類は以下の通り

1.軽自動車届出済証

2.ナンバープレート

3.印鑑(認印)

以上を提出して終わりになります。

こちらの情報は四国運輸局からとなります。

軽自動車届出済証が無い場合

「軽自動車届出済証」というのはこのバイクを登録した時に運輸局から貰ったものです。軽二輪は車検証がないのですが(車検がない)こちらがその代わりとなります。

無くした場合は紛失届(別様式)を出します。この紛失届(別様式)は運輸局で購入します。

県外ナンバーの場合

廃車にする場合はナンバーをドライバーで外して最寄りの運輸支局に持っていきます。

しかし行った先の運輸支局のナンバーと違う住所のナンバーだった場合には名義変更に必要なものor住所変更等に必要なもののいずれかが必要になります。

備考県外ナンバーの時はもちろんですが、例えば同じ神奈川県内でも神奈川運輸支局に手続きに行く場合に川崎ナンバーを持参する場合は管轄が違うので県外ナンバー扱いです。※神奈川運輸支局だと横浜ナンバーになります

名義変更に必要なもの

1.軽自動車届出済証
2.旧所有者と旧使用者の印鑑と新所有者と新使用者の印鑑
3.住民票の写し(発行後3カ月以内)
4.自賠責保険証明書(有効期間のあるもの)
5.県外ナンバーを持ってくる

住所変更等に必要なもの

1.軽自動車届出済証
2.所有者と使用者の印鑑
3.住民票の写し(発行後3カ月以内)
4.自賠責保険証明書(有効期間のあるもの)
5.県外ナンバーを持ってくる

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト