動かない車を家に飾っておいたり車庫に保管しておくにはどうしたら良いのか?

世の中には動かない車でも家に飾っておきたい、車庫で保管しておきたいという旧車ファンの方がいらっしゃいます。

初めて旧車を引き取りたいがどうするべきか?についてこちらで説明をしていきたいと思います。

尚、欲しい車種に関してはご自分で探して下さい。最近ではインターネットによるオークションなどいろいろ方法があり、運搬の相談も可能だと思いますよ♪

引き取った後に車はどうする?

まず完全に動かない車は車検も保険もないでしょうから引き取った後は家で車を眺めているだけになります。

もしも動くようでしたら公道に出るのは絶対にNGです。私有地内であればエンジンを掛けて少し動かすなら問題ありません。自分の家の敷地内という条件になります。広大な邸宅であれば一周ぐるっと回るなんていうことは可能でしょうが普通の家ですとエンジン音を聞くとかマニアックな楽しみ方しかできません。。。

ナンバーがある車を引き取った場合

次にナンバープレートがある車を引き取った場合です。車検が切れていようが無保険だろうが、陸運局から配布されたナンバープレートが付いている車両というのは廃車されていません。

廃車手続きしていないということは毎年自動車税が来てしまいます。そういったことで乗らないのであれば廃車にしてから飾っておくようにしましょう。

「廃車にして飾る」というのは変な言い方ですが、一時抹消登録という廃車手続きをすると車両はそのままで陸運支局の登録を抹消することが可能です。これで一生飾っていても税金がかからなくなりますので安心です。

これは今所有している車を解体せずに取っておきたい場合でもやるべきことだと言えますね。

再登録して乗ることができるのか?

これは当然可能です。

ただ動かないとなると修理が必要ですよね。その後の話になりますが動く場合はそのまま車検となります。ただ前述でも触れましたが無車検・無保険の車で公道に出ると一発免停など諸々の罰則があるので車検を通そうにも車を家から動かせないんですね。

仮ナンバーを取って車検に出すという方法もありますが正直言って故障気味の自動車の場合はエンジンが掛かるからと言って仮ナンバーで公道に出るのは危険ですし怖いです。

こういった車の場合はレッカー移動で車屋まで運んで直してから車検を取るという形がベストではないかと思われます。

とにかく家に置いておくだけなら廃車(一時抹消登録)をすると税金が掛からないので廃車手続きは必須ですよ、というお話でした。一時抹消登録は自動車税の期間が残っていれば還付されます。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト