車検の見積もりは意味があるのだろうか?※いくらになるのか事前には分からない

車検をする場合はできるだけ安いところで受けたいですよね。

そこで車検の見積もりを出してくれるところがあります。見積もりに納得が行けば車検をお願いするということになります。

しかし車検の見積もりは最終的な総額の支払いではありません。

車検の見積もりでどこまで事前に分かるのか?

事前に分かるのは、

・自賠責保険

・自動車重量税

・印紙代

・法定24ヶ月点検料金

・検査代行料

問題なさそうに思えますが車検後の総額支払いには部品や消耗品の交換代金が上乗せされるため見積もり額とは大きく違う請求書になる場合があります。ここは注意したいところです。

例えば車検の見積もりで10万円以下だと言われたとしても支払いの段階になると10万円を遥かにオーバーした金額になることも珍しくないということです。注意。

見積もりとどのくらい違うのか?

私は前回の車検では思うところがあっていつもの車屋さんではなく某全国チェーンの車検屋さんにお願いしました。安いと評判だったので試しにどんな感じなのかやってみたんですね。

結果ですが、

・車検の見積もり額…約86,000円

・実際の請求額…約114,000円

…ということで多少の修理交換が入った割には車検代の総額としては安く済みました。ただそれよりも見積もりでは10万円以下だったのですが結局オーバーしちゃいましたね。

そういうことで車検はやってみないと分からない部品交換や修理があるので見積もりを取っても総額の支払いは事前には結局分からないことは多いと思います。

人によっては大した差額じゃないと思う方もいらっしゃるでしょうし、結構違うんだなと思われる方もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ実際の見積もりってこういう感じだということで捉えた方が良いと思います。

なるべく安くするには必要最小限を強調?

車検でなるべく安くするにはユーザー車検が理想的です。

ユーザー車検は自分で車検に通すのですが車検に通る基準内ならなるべく何も交換しない、修理しないので安いと言えます。法定24ヶ月検査や代行料が無いのも大きいでしょう。

車検をお店に頼む場合にはなるべく何もしないで車検に通してもらえば安く済みます。

法定24ヶ月検査はやるに越したことはありませんが省けるなら省いた方が安くなります。車検を断られるかもしれませんが…。これは2万円前後もするので最も大きな項目です。ただ私の経験上、車検を頼んで法定24ヶ月検査をやるか?やらないか?を聞かれたことはありません。絶対にやるものだと思っていました。

まあリスクはありますがこれが省ければ費用が大きく安くなるでしょう。余り当サイトでは推奨していません。安全性を優先させた方がトータルでは経済的に優位だと思うからです。

それはともかく車検の際には「なるべく安く」を強調した方が無駄な車検代は発生しません。やった方が良さそうだが「なるべく安く」と言われたので交換しなかったというモノは絶対に出てくるでしょう。

例えばバッテリー交換なんかはついでに早めに交換しちゃおうとかディーラー車検ではありがちですが、これは拒否した方が良いです。自分で交換した方が安いですしディーラーで交換するバッテリーなんて高いですからね…。そもそもディーラーで車検を受けると割高です。

ディーラーは特に3月なんかは1番混んでいて新車を売らないといけないため車検のお客さんは余り構ってもらえないかも?(笑)

ですからディーラーではなく安いところで車検を通しても問題ないんじゃないのかなって私は思いますよ。それだけでも車検代を安く済ませられます。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト