車検はいつから受けられるのか?※継続車検の期間の仕組みとは

Q.車検はいつから受けられるのか?

A.いつからでもどうぞご自由に(※推奨は車検満了日1ヶ月前です)

ふざけてる訳ではないのですが車検って実はいつからでも受けられます。車検期間内だったとしてもいつでも良いです。

しかし大事なことですが1ヶ月前より早く車検を受けてしまうと車検日が変わってしまい損をします。

~例~

■車検満了日:2018年4月15日

・車検を受ける:2018年3月14日だと1ヶ月と1日前なので次回の車検満了日が2020年3月14日となります。

・車検を受ける:2018年3月15日だと1ヶ月前になるので次回の車検満了日が2020年4月15日となります。

POINT

車検満了日1ヶ月前より先に車検を取ってしまうとその日が車検満了日に書き換えられます。損になりますので辞めましょう。

車検満了日の1ヶ月前になってから車検を取ると車検満了日が変更になりませんので推奨です。

参考:軽自動車検査協会 Q.6-1車検はいつから受けられますか。

参考:継続検査の手続(国交省HP)

※軽自動車検査協会の方が分かりやすいです

車検を受けるベストな日は?

車検を受ける日は早すぎても遅すぎても駄目ということになります。

ですから1ヶ月前になった時点で(それ以降に)車検を受けるのがベストと言えそうです。

どうしても1ヶ月前より先に車検を通したい場合には前述の通り車検日が変わります。車検を受けた日が車検満了日となってしまうので注意が必要です。せっかく残っている車検期間が短縮されてしまうのですね。

自賠責保険は以前の契約は期間が残っていれば返金されるので解約します。ただ1ヶ月も残っていなければ解約してもしなくても一緒です。形式的に二重に自賠責保険に加入している期間が出てきますが問題があれば保険会社より連絡が来るでしょう。多分来ないと思われますが・・?

特例として離島は2ヶ月前より可能

特例として離島にお住まいの方は2ヶ月前から車検を更新しても車検日が変更になりません。

離島とは”橋またはトンネルにより、本土との間の交通又は移動が不可能な島。”とのこと。

参考:軽自動車検査協会 Q.6-1車検はいつから受けられますか。

45日前より車検が受けられる?

また車検を受ける場所によっては45日前より車検が受けられるケースがあります。

自動車整備工場には認証工場と指定工場があり、指定工場の方で車検を受ける場合は45日前から車検が受けられると言えます。

参考:自動車整備工場には認証工場と指定工場があります。その違いは?(国交省)

なぜ指定工場は45日前から車検が受けられるかと言えば、指定工場で検査した場合はその日から15日後までに陸運支局で手続きすると良いためこの書類提出の猶予期間を利用して45日前としています。

指定工場で車検を取ったとしても陸運支局での受付は1ヶ月前となるので基本的には同じです。ただ制度の裏を付いて車検を一般ユーザーは理論上は45日前から車検を受けることが可能という話です。

ただ指定工場は15日後に書類を提出しなければならず必ずしも45日前の車検を受け付けてくれるとは限りませんので指定工場を持つ店舗・車屋さん・整備工場に相談する必要性がありそうです。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト