引越しをしたら自動車のナンバープレートを変えないといけないのか?

引越しをする場合は役所の手続きってたくさんありますよね。

住民票は当然ですが運転免許証なども住所の変更をしないといけません。

その他にナンバープレートの変更も実はしないといけなかったりします。これは車検証の住所変更ということで「そんなこともしないといけないのか!?」と思ってしまう部分です。

ナンバープレートを変える方法

まず引越しにおけるナンバープレートの変更というのは車検証の管轄が変わるということです。

例えば神奈川県内でも横浜市→川崎市に引越しした場合には陸運局の管轄が変更になりますのでナンバープレートを変えないといけません。横浜ナンバーから川崎ナンバーに変わることになります。

その手続きに必要なのが車検証の住所変更という訳です。

その方法は以下の記事で詳しく説明をしています。

そういうことで結構ハードルが高いです。住民票を移す手続きなんて目じゃない程面倒です。車庫証明出せとかいう話になりますからちょっと勘弁して欲しい手続きです。しかも15日以内ですからね。

ナンバーって変えないと駄目なのか?

まず道路運送車両法 第2章 第12条で規定されているのでやらないと法律違反ですね。。

ただ「やり忘れている」「忙しくて変えていない」人はチラホラいます。厳格に取り締まられる対象にはなっていないので忙しい場合はしばらくはしょうがないのではないか、なんて思うのですが…。

後は短い滞在の場合はまた行く先々でナンバーを変更しないといけないので注意が必要でしょう。

引越しが多い人はちょっと考えた方が良いでしょうね。半年でまた引っ越すのが決まっているとなると必要ないんじゃないのとか思ってしまいます。

永住とは行かなくてもしばらく数年は住むという場合にはナンバーの変更は確実にやった方が良いでしょう。他の手続きに影響がありますので大変になるかもしれないです。

例えば廃車しようとしてもできないとか買い替えで売る場合にマズイとかいろいろ問題が発生する可能性を秘めています。ずっとその車に乗るつもりならまだ分かりますがやっぱりやっておいた方が良いと思いますね。

廃車は損しますよ!!

動かない車、車検が切れてしまった車、ナンバーが無い車、古い車などありませんか?

あなたの車、まだ売れます!

廃車で5千円の車が、 車買取査定なら5万円の査定額に!

私が使ったのはかんたん車査定ガイドです。

査定依頼後、1秒で概算額が分かました。


売れない車は廃車業者へ

車が売れない場合は廃車専門の業者さんにお任せしましょう。

全国レッカー移動料金・廃車手続き代行料が完全無料!

しかもお金がもらえる!カーネクスト